うつ病の症状に合わせた簡単対策術を学んでいこう

menu
頬に手を当てる女性

よくある問題

おかしいなと思ったら

疲れた現代人の多くは様々なストレスを抱えています。あまりに大きなストレスがかかりすぎると心が病んでしまう「うつ病」の症状を発症してしまう人も少なくありません。ただうつ病は初期段階において風邪にも似た症状であることも多々あるため、なかなか発症に気づきづらいといったケースもあります。少しでも体調に異変があり、なかなか改善されない場合は、心が疲れてしまっている状態でもあるので、いち早い治療が大切です。特にパートナーや配偶者に該当する人がいれば素早くサポートしてあげるようにしましょう。ここ最近ではうつ病に対してのカウンセリングなど病院などで積極的に行っていることもあり、非常に医療体制は整っているといってもよいでしょう。

うつの症状

うつ病の症状は風邪のようにぼーっとした状態が続きます。また倦怠感や脱力感もあり、無気力感の中、そういった自分を責めてしまうケースのような症状も見受けられます。一番よいのは、そのような状態になる原因を追究して、それを解明するのが何より重要です。例えば学校や職場などが原因であれば、それらが大きなストレスとなり、また適応障害を発症している場合もあるので、少し休みを取ってそれらから思い切って離れてみるなどの処置が必要です。症状がひどい場合は精神科へと問診を受けてみて相談してみるとよいでしょう。 ただ世の中は広いので、早まったことはせずに、それらから「逃げること」も大切です。生き残って、また仕切りなおすことも人生では可能です。

うつ病の被害妄想

うつ病の症状の一つには、被害妄想があります。 人から命を狙われている、不治の病でもう命が短い、誰からも嫌われている、もう自分には未来がないなど、根拠に乏しい被害妄想を抱くとき、それはうつ病の症状である可能性があるので注意が必要です。 例えば対人恐怖症としての神経症的症状を併発するケースもあり、自己臭恐怖や醜形恐怖、視線恐怖などを契機に、うつ病の症状を深めていくケースもあるので、注意が必要です。 もしも周囲に明らかに様子がおかしい人がいれば、その人はうつ病の初期症状を発している可能性がありますので、専門医療機関に見てもらうよう誘導するなど、出来る限り理解を示しながら協力してあげることが望ましいといえるでしょう。

うつの症状としての合併症

うつの症状には様々な合併症を伴うケースがあります。 例えば社会不安障害、パニック障害、統合失調症、神経症、これらは全て精神疾患ですが、どれもうつ病と密接に関係しています。 過去のトラウマやPTSDを契機としているケースも少なくないため、上辺の情報に惑わされることなく、根本にあるものと向き合うのが必要な場合もあります。 環境を変えることで気持ちが一変するケースもありますが、根本的な解決を先送りにしたままでは、またいづれ同じ状態に戻ってしまうことでしょう。 うつ病はこころの病であるため、治療は一筋縄ではいきません。例えば、抑鬱状態から復帰することが出来ても、根本にある問題を解決していなければ、またいつか同じような状態に戻ってしまうのです。

ピックアップ

混同しやすい病気について

サンプルalt2

うつ病には様々な合併症状を伴うケースがありますし、脳の器質的病に、うつ病が伴うケースもあります。うつ病と診断されても、身体検査を怠ってはいけないということです。問題を見逃さないための重要ポイントだといえます。

もっと見る

タフネスを求めない

サンプルalt3

うつ病は症状によって治療方法が全く違う。私は最初は薬物治療をし、次にデイケアなどで社会復帰をすることがうつ状態だと診断されたときに知った一番の方法である。「頑張れ」という言葉は毒にも薬にもなる。だから難しい言葉だ。

もっと見る

治療方法の確立

サンプルalt4

うつ病は昔からあった物の表面上は少なく特に問題とは成っていなかったのですが、社会的な構造から限界が来て今日では大きな問題となって様々な取り組みがされています。それによって、改善できる部分が広がりました。

もっと見る

最新記事

サンプルalt5

向き合うための方法

うつ病は世間的な認知と共に研究も進んでいて治療方法にも活かされていますが、それらは日常的にも使える症状改善方法としても役に立ち始めています。うつ病の治療は長期的な取り組みが必要であり症状が見られなくても医者の言う事は聞くべきです。